【意味ある?必要?】WordPressの問い合わせフォームの使い方・作り方


ゆうぼー

誰かのブログの問い合わせフォーム

皆さん使ったことはありますか?

今回、問い合わせページをアップデートしてみました。

色々なブログを見ていると

大抵、問い合わせフォームが用意されています。

僕のブログにも以前から「Contact」

というページを用意していました。

しかし、そこから連絡が来るのは迷惑メールばかり。

本当の問い合わせが来たことは

一度もありません。

ミニマリスト的な考えになるとこの時点で

「無駄でしょ!消そう消そう!」

ですが、今回は踏み止まりました。

問い合わせ(フォーム)の意味と価値

今回僕が行ったこと、それは

問い合わせページにデザインを加え・機能を追加する

です。

動き出す前に僕はふと

ゆうぼー

「問い合わせ」って本当に必要だっけ?

何のためにあるんだっけ…

そんなことを考えました。

せっかくなので共有していこうと思います。

問い合わせの意味とは

「問い合わせ」の通りです。

特に難しい意味があるわけでは無いです。

このブログで例えると

読み手(皆さん)が書き手(僕)に何かを伝えたい

そう感じたときに「問い合わせ」ます。

  • こういう記事書いてください!
  • 誤字・脱字だらけですよ!
  • エラーが起きてます!
  • 適当なこと書かないでください!

「何かあれば、問い合わせからお願いします」

つまり

「みなさんとの窓口」

ということになるわけです。

問い合わせの価値とは

問い合わせページの意味が

みなさんとの「窓口」ということであれば

窓口の「価値」

「読み手の意見が僕に伝わり、ブログが良くなること」

先ほど挙げた例が以下のようになることですね。

  • こういう記事書いてください!
  • 書きました!
  • 誤字・脱字だらけですよ!
  • 直しました!
  • エラーが起きてます!
  • エラー出ないようにしました!
  • 適当なこと書かないでください!
  • 本当のこと書きました!

ここで僕なりの「意味と価値」が出揃いました。

問い合わせ(フォーム)は必要か

僕の結論は必要ということになりました。

ただ、自信を持って言えるわけではありません。

割と「不要」だと思いつつ

今は「必要」という考えになりました。

僕が考えた「不要」「必要」をお伝えします。

不要な理由

意味と価値
  • 意味:「みなさんとの窓口」
  • 価値:「読み手の意見でブログが良くなる」

これを踏まえると

「問い合わせ以外で皆さんと絡めれば必要ない」

ということ。

正直、問い合わせページからもらった意見は数える程度。

今の時代、SNSの方が優秀ということもあり

お問い合わせを用意する必要な無いなと感じました。

必要な理由

  • ブログとしての連絡先が無くなる
  • 連絡していいか判断がしにくい

こんなことも考えました。

僕が持つSNSはあくまで個人用なので

ブログとしての窓口は必要なのではと思ったり。

(一人でやっているので影響はなさそうですが)

「問い合わせができない = 受け付けてない」

と感じる人もいるのでは?と思ったり。

チャンスは逃したくないので必要

ブログとしての窓口を持っておくことで

今後、僕に舞い込んでくるかもしれない

大きなチャンスや転換点を逃さないようにする。

ちょっと壮大な感じになりましたが…

問い合わせページを無くすメリットより

残しておくメリットの方が多い可能性がありそう。

そんなこんなで「必要だ」ということにしました。

ゆうぼー

問題なのは迷惑メールばかりが届くこと…

問い合わせ(フォーム)をアップデート!

「問い合わせページは必要!」

そうと決まれば早速動いていきます。

ちなみに、これからフォームを作る!という方は

WordPressのプラグイン

「Contact Form 7」がオススメです。

詳しい導入方法はぜひ調べてみてください。

その1
不正なスパム(迷惑メール)を無効化
その2
ページにSNSのリンクを付ける
その3
問い合わせたくなる雰囲気をつくる

1つずつ説明していきます。

不正なスパムを無効化

問い合わせから届く迷惑メールたち。

実際にこんなメールが届いていました。

コロナウィルスとかかなりタイムリーですね。

この場合、内容の真偽とかはどうでも良くて

  • ブログ自体に関係のない情報
  • 差出人やアドレス等の不自然さ
  • 送信理由が不明

このブログに送られるべきではない

怪しいスパムたちが日々送られてきていました。

ということで、今回のアップデートを機に

  1. Googleが提供するスパム対策「reCAPTCHA」
  2. WordPressプラグイン「Invisible reCaptcha」

これらを導入しました。

「reCAPTCHA」

「目につかない裏側でスパムを判別・保護してくれる」

これ、見たことある方いるかと思います。

今回はこのチェックが不要なタイプ

「reCAPTCHA v3」を導入しました。

すると、ブログの全ページに

reCAPTCHAマークが表示されるようになりました。

このマークを問い合わせページにのみ表示させるため

「Invisible reCaptcha」という

WordPress専用のプラグインも導入しました。

導入方法については説明しません。

ゆうぼー

他のブロガーさんが丁寧に説明しています!

SNSのリンクを付ける

スパム対策も無事に終わったので

次は問い合わせページにSNSへのリンクを設置しました。

これと同じものを設置しています。

問い合わせページに行ってみると

入力するのが面倒なフォームが待ち構えています。

そこで離脱されるのはどこか寂しいので

SNSからの連絡もやりやすくしておこう

そんな考えです。

問い合わせたくなる雰囲気に

具体的には以下のことをやりました。

  • ページ名を「TSUNAGARU」に
  • ヘッダー画像を作成
  • 吹き出しを追加

今までは「Contact」という

明らかにただ置いてある

インテリア状態のページでした

砕けたイメージにしたかったので

「(僕と)TSUNAGARU」という名前に。

それに合わせてヘッダーも作成しました。

アイコンはICOOON MONOから

後はPhotoshopでごにょごにょしています。

吹き出しに関しては

「読み手と書き手の距離を短くしたい」

そんな思いもありつつ、追加しています。

おわりに:本来の「意味・価値」を考えてみる

今回は僕のブログアップデートの一つとして

「問い合わせ」をテーマにお話してきました。

今回はマイナーアップデートということで

Ver 1.1」としたいと思います。

前回の僕的メジャーアップデートについてはこちらから

【Ver 1.0】大公開。僕のブログデザインアップデート。

そして、今回完成した問い合わせページはこちらから

TSUNAGARU

「問い合わせページ」のように

「とりあえず用意しているけどこれ必要?」

みたいなモノは皆さんの周りにもあるかと思います。

(ブログに限らずです)

そんな時はぜひ

「そのモノの本来の目的・価値」

考えてみてください。

ゆうぼー

マルかバツか、意外と分かりやすくなりますよ。

0