ポイントを押さえると頭のいい筆箱の中身は誰でも作れる


ゆうぼー

誰もが使ったことのある筆箱

今回は、頭のいい筆箱に近くための

ポイントをご紹介します。

まず言っておきます

僕は頭が良くありません

流れるように入学した中学

受験に失敗した高校

倍率の低い大学

僕は頭が良くありません

唯一のこだわりは

「頭のいい筆箱」

こだわりを持つまでの筆箱史

僕は誰のモノよりも

自信の持てる筆箱とその中身

見つけることができました。

まずはそんな僕の筆箱史をお話します。

2003~2009:小学校

今でこそ様々な筆箱が世に出ていますが

僕が当時使っていたのはこのタイプの筆箱です。

小学生が筆箱にこだわりを持つわけでもなく

入学準備の売り場に並んでいた中のひとつを手にしました。

大事にするわけもなく

四方八方傷だらけ

鉛筆の芯で真っ黒

消しカスがこびりつくのは日常茶飯事

高学年にもなってくると

鉛筆削りが一体になった高機能な筆箱も

親にねだって買ってもらい

ろくに使わずぶっ壊していました

2009~2012:中学校

新しい友人たちに囲まれると

周囲の筆箱を気にし始めました

シャイなタイプだった僕は

周囲の目を気にしながら

トレンドに乗り遅れまいと

「缶ペンケース」に手を出します。

磁石がくっつくので

キラキラ・プクプクしたシールを

マグネットに貼り付け

筆箱の狭い世界で個性を出すことに必死

音はうるさいし

フタは緩いし

僕の授業での目標は「音を立てないこと」でした。

2012~2015:高校

大学受験というゴールがチラつき始め

周囲の意識と同じように

筆箱に機能性を求め始めます

見た目を意識する人は少なくなり

どれだけ多くの文具を詰め込めるか

どれだけ持ち運びやすいか

それぞれが求める機能によって

多種多様になりました。

そして僕は高校2年の後半から

今もなお手元に置いている筆箱に出会います

2015~2019:大学

高校時代に出会い

大学4年間使い倒した筆箱がこちらです。

「デルフィーノ ナノブロックペンケース」

  • フタ部分にナノブロックを取付可能
  • 自分の好みのデザインに
  • 手に馴染みやすいサイズ
  • 容量も個人的にベスト

ナノブロック好きだった僕にとっては

買わない理由が無いアイテムでした。

フタがスヌーピーになっているのは

余ったパーツで作れる限界だったから。

この筆箱を手にしてから

筆箱へのこだわりが強くなりました

ちなみに、今はもう販売終了しているようです。

似たモノも見つけましたが、なんかちょっと違う。

頭のいい筆箱のポイントとは

  • 使用頻度の高いモノだけ
  • それでいて、得意な表現に対応できる
  • 全てのモノへのアクセスのしやすさ
  • 無意識に使えてストレスが溜まらない

これには人それぞれの考えがあるかと思います。

考え出すと無限に出てきそうなので

僕が思いついた4つを挙げています。

その1:使用頻度の高いモノを

個人的にこれは必須です。

文房具に興味を持ち始めると

様々な機能を持ったアイテムを

数多く持ち始めます。

メインの筆箱 + 工具箱的な筆箱

複数持っている方も少なくないかと思います。

そんな方は心を少し鬼にして

手垢のついた汚いモノを残しましょう。

文房具のためにノートをとるのではなく

ノートをとるために文房具を使うこと

これは意外と重要です。

その2:得意な表現に対応できる

さっきの説明と矛盾してない?

そう思う方もいるかもしれません。

「色々な表現のためには道具が必要だ!」

それも間違ってはいないと思います。

今回僕があえて伝えるとするならば

使用頻度が高くて、得意な表現がしやすいモノ

人によってノートの「クセ」は様々。

つまり、得意な表現の仕方があるということ。

その表現方法にベストな文具が見つかると最高です。

その3:全てのモノへのアクセスのしやすさ

布でできていたり、袋のようなタイプの筆箱

言い換えると

「筆箱内の位置が毎回変化してしまう筆箱」

これはあまりオススメしません。

  • 形が決まっている筆箱
  • 収納ポケットが多い筆箱
  • 文具の定位置が決まる筆箱

そういった筆箱にすることで

必要な時に必要なアイテムを

迷わずに使うことができます。

その4:無意識に使えてストレスが溜まらない

これは今までに説明した3つ

  • 使用頻度の高いモノだけ
  • それでいて、得意な表現に対応できる
  • 全てのモノへのアクセスのしやすさ

これらを満たせば満たすほど

「無意識に使えてストレスが溜まらない」

これに近づきます。

新しい文房具に気を取られることは

誰しもが経験したことがあると思います。

もちろんダメとは言いません。

ゆうぼー

テンション上がるし

ワクワクします

「頭のいい筆箱」を意識する時は

そこが少し厄介になってくるよ

ということです。

頭のいい筆箱を大公開

こちらが僕の筆箱の中身です。

様々な試行錯誤を重ね、今の状態に至ります。

目立つような文具はありません。

目立つのは汚れだけです。

せっかくなので、カテゴリーごとに紹介しておきます。

文具のコアとなるペン

色ペン:3本
ユニボール シグノ 0.38

書き心地が異常に滑らかです。

キャップタイプなので重心も心地よい。

シャープペン:1本
ぺんてる グラフギア1000 0.4

基本、0.4推しです。

細すぎず、太すぎず。

ペン先を収納できるので汚れに強い。

蛍光ペン:1本
三菱 プロパスウィンドウ

ペン先に文字通りの小窓が付いています。

筆箱内の定位置が決まらないのでクリップ部分を削っています。

黒ボールペン:1本
無印 さらさら描けるゲルインキボールペン

その名の通りさらさら描けます。

他のペンに比べシンプルなので

とても見つけやすいです。

ペンの実力を引き出す消しゴム

四角形:2つ
MONO 黒 & アイン サラ

黒い消しゴムは汚れが目立ちづらい

そして、消えやすい(気がする)

細かいところを消すため

薄いタイプも使っています。

ペン型:1本
トンボ MONO ZERO

ペンで書くように使えるので

狙い通りに消すことができます。

こちらもクリップ部分を削っています。

無いと困るその他アイテム

定規
ミドリ RULER 15cm 透明

透明なおかげで

線を引く際に使う部分が一目瞭然

僕の場合は中心に寄っています。

シャープ芯
ネオックス・グラファイト 0.4 HB

名前がやたらとイケてるただの芯です。

フタの部分の動きがかなり滑らか。

芯も出やすいです。

修正テープ
ミドリ 修正テープ

消しゴムサイズの修正テープです。

筆箱にはまるサイズのおかげで

間違いを恐れなくなりました。

おわりに:筆箱の変化は思考の変化

筆箱を見直すことは

使い方を見直すこと

使い方を見直すことは

思考を見直すこと

僕が考える「頭のいい筆箱」

僕が使う「こだわりの筆箱」

シェアしてみました。

学生以外で筆箱を持つ方はどれくらいいるでしょうか。

デジタルなこの時代だからこそ

アナログな道具について考えてみる

少し楽しくなるかもしれません。

ゆうぼー

筆箱で人の性格が見える気がします。

1+