新着情報:広告の掲載を開始しました。

初モレスキン使用前の準備で僕がしたこと

New Stationery MOLESKIN Evernote

皆さん、メモをとる際には何を利用しているでしょうか?

紙媒体?それともデジタルなメモ帳?

今回、紙媒体のメモとしてモレスキンを購入しました。

購入した物と使用前の準備段階を皆さんにシェアしたいと思います。

 

モレスキンって?

本屋や文具店などで一度は目にしたことがあると思います。

簡単に説明するとモレスキン社(イタリア)が販売してる手帳のブランドです。

画像からも分かるように黒く硬い表紙(撥水加工)とゴムバンドが特徴。

現在は様々なカラーの表紙が店頭に並んでいます。

昔にはかの有名なゴッホ、ピカソが愛用していたことで有名みたいです。

一時生産終了(1986)していたものの1998年に復刻され今に至る。

(wikipedia モレスキンより)

 

「モレスキン evernote」を購入

今回購入したモレスキン

私が購入したモレスキンは”evernote“とあるように

有名なクラウドサービスであるevernoteと連携が可能なモレスキンです。

ページを撮影することでデータとして最適化してくれます。

mac,ipad,iphone利用者の私は今までappleの「メモ帳」アプリでメモをとっていたのですが…

・メモをとる際にデバイスを使用できない状況が増えた

・直筆のメモもデータで管理したい

などの理由から導入してみました。

ちなみに今回購入したものはポケットサイズで横軸ルーラーです。

真ん中にはevernoteのアイコンが。表紙も遊び心があって気に入りました。

 

使用前の準備

私、メモ帳に限らずノートを新調すると「大事に使いたい」という気持ちのおかげで

なかなか使い始められないという性格が発動します。これこそ本末転倒というやつ。笑

ということでそれを回避するために行った準備をご紹介。

①使い始めの日付を記入

1ページ目に使用開始日を。

とりあえず何か記入したいと思い書いてみたのが使用開始日

当たり前ですが、書くことが決まればサクサクと。ほんと当たり前。笑

いずれは終了日も書くつもりです。後で見返した時に期間が分かるので整理もしやすい。

②ページ数を記入

ページ数をひたすら書く。作業。

次にしたのは、ページ数を書くこと。

これから書き溜めていくであろう全ページにページ数という形で手を加えていきます。

ひたすら番号を書くという単純作業。コンパクトな割になかなかのページ数。

記入したページ数は190を超えました。

③quality controlシールをペタっと

同封されているquality controlシールを貼る

準備も最終フェーズへ。大それたことは何もしてないですが。

モレスキンを購入すると必ず背表紙の裏にある拡張ポケットにquality controlシールが同封されています。

初見の私にとって謎でしかないこのシール。その割に主張が強い。

調べたところこのquality controlシール、ちゃんと存在意義がありました。笑

これ、モレスキン1冊1冊に割り振られている固有のナンバーらしく

欠陥がある場合に製造過程を追跡し、原因を突き止めることができるとのこと。

要するにトレーサビリティってやつ。危うく捨てるところでした。

私はこれを最終ページの隣に貼りました。

 

おわりに

今回購入した「モレスキン evernote」

evernoteでタグを認識できるスマートステッカーが付属してます。

タグを認識できるスマートステッカー

書いたメモに合わせて貼ることで、データに変換した際に情報を扱いやすくできます。

ただ、マメにシールを使うとあっという間に無くなりそうです。

それと、嬉しいことにevernote3ヶ月分のプレミアムアカウントコードも付属しています。

この機会にevernoteも始められるのでオトク感がとてもありました。

 

最後に、今回が私がモレスキンに施した使用前の準備は3つ。

①使い始めの日付を記入

②ページ数を記入

③quality controlシールを貼る

実際に使用する前に自分専用に馴染ませることができた気がします。

自分好みのセッティングを探すのも面白い。

モレスキンに限らずできることもあるので、ぜひやってみては?