初モレスキン使用前の準備で僕がしたこと


皆さん、メモをとる際には何を利用しているでしょうか?

紙媒体?それともデジタルなメモ帳?

今回、紙媒体のメモとしてモレスキンを購入しました。

購入した物と使用前の準備段階を皆さんにシェアしたいと思います。

モレスキンって?

どこの本屋も文具店も置いてあるであろうアイテム。

簡単に説明するとモレスキン社(イタリア)が販売してる手帳のブランドです。

特徴は黒く硬い表紙(撥水加工)とゴムバンド

現在は様々なカラーの表紙が店頭に並んでいます。

昔にはかの有名なゴッホ、ピカソが愛用していたらしい。

1986年に生産を終了、長らく入手不可能であったが、1998年に復刻され、現在はモレスキン社によって販売されている。オリジナルのモレスキンとモレスキン社のものは同一ではないが、現在でもカルト的な人気があり作家・ジャーナリスト・画家・ビジネスマンなどに幅広く使用されている。wikipedia モレスキンより

「モレスキン Evernote」を購入

今回購入したモレスキン

私が購入したモレスキンは”Evernote“とあるように

クラウドサービスであるEvernoteとの連携ができます。

ページを撮影するとデータとして最適化してくれます。

Appleユーザーの僕は

メモ帳」アプリでメモをとっていたのですが…

メモをとる際にデバイスを使用できない状況が増えた

直筆のメモもデータで管理したい

などの理由から導入してみました。

ちなみに今回購入したものはポケットサイズ横軸ルーラーのもの。

真ん中にはEvernoteのアイコンが添えられています。

表紙も遊び心があってとても気に入りました。

使用前のセットアップ

僕ですが、メモ帳に限らずノートを新調すると

「大事に使いたい」という気持ちのおかげで

なかなか使い始められないというスキルが発動します。

これこそ本末転倒というやつ。笑

ということでそのスキル回避のためにしたセットアップをご紹介。

①使い始めの日付を記入

1ページ目に使用開始日を。

「とりあえず何か書こう」

そう思い書いてみたのが使用開始日です。

当たり前ですが、書くことが決まればサクサクと。

そんなのは当たり前ですね。

いずれは終了日も書くつもりです。

後で見返した時に期間が分かるので整理もしやすい。

②ページ数を記入

ページ数をひたすら書く。作業。

次にしたのは、ページ数を書くこと。

これから僕の血と肉になるであろうページ達

ページ数という形で挨拶を始めていきます。

ひたすら番号を書くという単純作業。

コンパクトな割になかなかのページ数

記入したページ数は190を超えました。

③Quality Controlシールをペタっと

同封されているquality controlシールを貼る

セットアップも最終フェーズへ。

大それたことは何もしてないですが…

モレスキンを購入すると必ず

背表紙の裏にある拡張ポケット

Quality Controlシールが同封されています。

初見の僕にとって謎でしかないこのシール。

その割になんだか主張が強い。

調べたところこのQuality Controlシール

ちゃんと存在意義がありました。

実は、1冊1冊に割り振られた固有のナンバー

欠陥がある場合に製造過程を追跡し、原因を突き止めることができる

とのこと。

要するにトレーサビリティってやつですね。

危うく捨てるところでした、アブナイ。

私はこれを最終ページの隣に貼りました。

おわりに

今回購入した「モレスキン Evernote

Evernoteでタグを認識できるスマートステッカーが付属。

タグを認識できるスマートステッカー

書いたメモに合わせて貼ることで

カメラで読み取った際にメモを管理しやすくできます。

ただ、マメにシールを使ってしまうと

あっという間に無くなりそうです。

それと、意外と嬉しいことに

Evernote3ヶ月分のプレミアムコードも付属。

この機会に始められるのもとてもお得です。

モレスキンを買ったことが無い方も

今まで愛用し続けている方も

今すぐ検討する価値があります。

僕は一般的なモレスキンより愛着が湧きました。

最後に、今回が私がモレスキンに施した使用前の準備は3つ。

①使い始めの日付を記入

②ページ数を記入

③quality controlシールを貼る

実際に使用する前に自分専用に馴染ませることができた気がします。

自分好みのセッティングを探すのも面白い。

モレスキンに限らずできることもあるので、おすすめ。

ではまた。