ミニマリストになった話。前編


皆さん、お久しぶりです。

前回記事の更新は昨年の11月、気づけば半年以上が経過しています。

「さすがに更新しないとな」という気持ちと

「そろそろ自分の話がしたくなった」という気持ち

この2つをモチベーションとしてこの記事を書きたいと思います。

 

 

お前、なにしてたの?

この話題に興味がある人はいないと分かってはいますが、話さないと自分が次に進めない気がするので書きますね。

※本題は次からなのであとは皆さんにお任せします

昨年の11月以降、なにをしていたか。

人生の夏休みを楽しんでいました。

話すと長くなるのでキーワードだけ置いていきますね。

細かくするとキリがないのでざっくりと。

記事のネタになりそうな話題はかなりあった気がしますが

記事を書く < 好きなことを好きなだけ

みたいな感じ。許してください。

そんなこんなで大学は無事卒業、現在は東京のIT企業でエンジニアとしてひっそりと生きています。

本題。ミニマリストになりました。

「なりました」って言っても

  • 資格とかがあるわけじゃない
  • 誰かに「あなたはミニマリストだ」と認定されたわけでもない
  • ただ、ミニマリストを意識し始めただけ

何も凄くないし、結局自己満で酔ってるだけなのかもしれません。笑

ただ、意識してから環境は変わったし、きっかけをもとに自分で決断したことなのでいいと思っています。

きっかけは「引っ越し」

大学時代は岩手で一人暮らし。

大学デビューを果たすべく、「自分の家」をおしゃれにカッコよくしたいという気持ちのおかげでアパートにはどんどん物が増えていきます。

服はもちろんちょっとした小物や雑貨類とか。

ちょっとした物たちも数が集まるとかなりの量になりました。(塊魂をイメージしてくれるといいと思います)

そして大学卒業を迎えたわけです。卒業後の行き先は東京。

東京での新居が決まるまでは実家で過ごすことに。

大学4年間を過ごしたアパートを引き払うことになるわけです。

ここで、想像もしていない地獄が待ちかまえてました。

4年間で溜め込み続けた塊魂が尋常じゃない大きさに。

少しずつ迫る引き払いの期限。

片付けても温泉のように湧き出る大学デビューの残骸たち。

結局、引き払い期限の朝まで続く。

そこで自分の中で起こった感情は

こんなに物を溜め込んでいた自分への嫌悪感

二度と味わいたくないこの感覚

必要だと思っていたものが全く必要ではなかったという喪失感

でした。

続きは次回の記事へ

この記事の僕が描いていたプランでは

  • ミニマリストを意識した経緯を簡潔に伝える
  • ミニマリストを皆さんの知識に入れる

でした。これは無理そうです。

書き始めると止まらなくなりそうなので、「ミニマリスト」というテーマは

数回に分けて書いていくことにします。

「ミニマリスト」もいれば「マキシマリスト」と言う人もいる

「ミニマリスト」ではなく「シンプリスト」と言う人もいる

次回以降、少しずつ。

ではまた。