「伊右衛門ラベルレス」がコンビニ初登場。ミニマルなボトルは緑茶に最適だった。


ゆうぼー

ペットボトルが裸になる時代はすぐそこかもしれません

多くの皆さんが日々お世話になっているであろう「ペットボトル」

自販機・コンビニ・スーパー等で数多くの種類を見かけます。

皆さんが手に取るペットボトルの基準は何ですか?

味はもちろん、価格や量など…

そのときの目的や気分などで変わってくるかと思います。

今回は、ラベルのないお茶「伊右衛門ラベルレス」を購入しました。

僕の選んだ基準は「デザイン」です。

「ラベルレス」とは

ここでいう「ラベルレス」とは

ペットボトルにラベルがついていない商品を指します。

ボトルを見ただけではどんな飲み物か分からない状態ですね。

ラベルレス飲料の特徴

  • ラベルが不要なので、環境に優しい
  • ゴミの分別がかなり楽
  • 商品によっては安価なものも

今まで必要だったラベルが不要になるので

環境に優しいのはなんとなく想像つきますね。

なによりも分別がラクになるのは多くの方のメリットかと。

ゆうぼー

ラベル剥がすのって結構面倒くさいですよね…

法改正によってラベルレスが実現

2020年4月1日の法改正によってラベルレスが実現可能になりました。

「資源有効利用促進法」がアップデートされたらしいです。

参考 資源有効利用促進法経済産業省

法律はそこまで(というか全く)興味がないので詳しくは知りません。

要点だけお伝えしておくと

  • 以前はボトル1本ごとに原材料名やリサイクルマークが必要
  • 法改正によって外箱に記載があれば1本ごとの表示は不要になった

ということになります。

ゆうぼー

ラベルレス界にとって大きな一歩な気がしますね。

ラベルレス界が存在するのかは分かりません。

「伊右衛門ラベルレス」を購入しました

伊右衛門を知らない方は少ないかと思いますが

「伊右衛門さん」と知り合いの方がいないとも限らないので説明しておくと

お茶です。

歌舞伎役者とかではありません。

お茶です。

遊び心のあるボトルデザイン

こちらが「伊右衛門ラベルレス」の外観です。

当たり前ですが、もちろんラベルはありません

ラベルのデザインが不要になった代わりに

ボトル自体にデザインが施されています。

写真では「茶」と書かれていますが

各面ごとに、ダルマや亀の絵が書かれています。

今後、ラベルレス飲料が増えていくとなると

特徴的なデザインボトルが出てきそうです。

ゆうぼー

僕はこういうちょっとした工夫が好きです。

ついつい眺めてしまいます。

お茶のカラーも美しいとさえ思えます

ラベルレスになったことにより、視点が今までより変わります。

今はラベルのデザインやカラーに目を奪われがちかと思いますが

今後ラベルレスが普及していくことで

飲料そのものの色味や中身に目が向くようになります。

「お茶」ひとつとっても様々です。

今まで気にならなかった茶葉・濃さ・にごりなどの違いを

見た目でなんとなく判断するようになる気がしています。

ゆうぼー

お茶なんて大体一緒でしょ。

そんな考えが変わるきっかけかもしれません。

実は完璧な「ラベルレス」ではない

この「伊右衛門ラベルレス」実際にコンビニでは以下の写真の状態で陳列されています。

ゆうぼー

ラベルレスと言いつつ、首輪がついている…

そう、ラベルはないけど、ラベルっぽいものがついています。

完璧なラベルレスで販売するにはケース単位で販売する必要があります。

いろはすからもラベルレスが販売されています。

外箱に必要な表示があれば、中身は表示なしでOKと説明しましたが

逆に言えば、1本単位で販売するにはどうしても表示が必要ということに。

とはいえ、ボトルに巻かれていたラベルが無いのは大きな変化です。

ラベルレス飲料のコンビニ発売は貴重な第一歩

前節でも軽く触れたように

ケース単位での販売ありきのラベルレス飲料にとって

完全なラベルレスではないにせよ、ラベルが貼られていないペットボトルが

皆さんの手に取りやすいコンビニで1本単位で販売されたという事実

ラベルレス界にとって貴重な第一歩なんじゃないかと思います。

だからラベルレス界ってなんですか

僕は特にラベルレス大好き芸人でも何でもありませんが

ミニマリストの影響を受けている自分にとっては

  • 「ラベルをはがす」という無駄な作業が無くなること
  • ペットボトル飲料というプロダクトがシンプルになること

ラベルレスの動きが加速していくことは素敵なことだと思います。

おわりに:「伊右衛門ラベルレス」探してみて

伊右衛門の公式HPを覗いてみると「伊右衛門ラベルレス」は

コンビニ限定&数量限定発売となっています。

参考 伊右衛門ラベルレスサントリー

僕は発売してすぐ、たまたま近所のコンビニで見つけて購入しました。

店舗によっては「伊右衛門ラベルレス」を購入すると

「ラベル付き伊右衛門」の無料引換券がレシートに付属してきます。

1本分の価格で2本ゲットできるチャンスでもあるので

コンビニに立ち寄った際は探してみてください。

(近所のコンビニからは既に姿を消してしまいました…)

ゆうぼー

今でこそレアなラベルレス飲料ですが

当たり前になる日もそう遠くないのかもしれません

1+