Twitterの絵文字付きハッシュタグ「ハッシュフラッグ」いくつ知ってますか?


ゆうぼー

絵文字のついたハッシュタグは見たことありますか?

Twitterをやっている方なら誰もが知っている
「ハッシュタグ」ですが

「ハッシュフラッグ」は知っていますか?

見かけたことはあっても、仕組みの部分はよく分からない
という方も少なくないなと思っています。

Twitterをやる上で必須な知識ではありませんが
知っていると周囲とはちょっと違った
Twitterの楽しみ方が見つかるかもしれません。

─────  Voice for Article.  ─────

最近よく目にする「絵文字付きハッシュタグ」

どこからともなくやってきたコロナウイルス
ライフスタイルを大きく変える脅威になりました。

人の生活に変化が加わると生まれるもの。

それは「新しい言葉」です。

StayHome(ステイホーム)
SocialDistance(ソーシャルディスタンス)
BeforeCorona(ビフォーコロナ)
AfterCorona(アフターコロナ)

次々と新しい造語がリアルタイムで生み出されています。

Twitterなど、様々なSNSに目を向けてみると
新品の言葉たちは「ハッシュタグ」となって
ウイルス以上の拡散力を持って拡がり続けます。

そんな中、僕が見つけたハッシュタグには…

拡散力を持ったキーワードに加えて
視認性を持った絵文字がタッグを組んでいました。

ゆうぼー

なにこれ?お尻になんかついてる…

その正体は「ハッシュフラッグ」

Twitterのつぶやきにハッシュタグを使ってみると
選ばれたキーワードにのみ絵文字が与えられています。

その与えられた絵文字のことを
「ハッシュフラッグ」といいます。


ついにハッシュタグ界にも格付けが?
半信半疑ながらもほんの少しだけ興味が。

普段よく口にする言葉をハッシュタグでつぶやいてみる。

このように全てのハッシュタグに絵文字がつきました。

ゆうぼー

くだらない嘘をついてしまいました。
普段全く口にしない言葉だらけです。
日常で誰が”聖獣麒麟”なんて口に出しますか。

ふとした疑問
ハッシュフラッグは自分で作れる?

結論から言います。
ほぼ不可能に近いです。

というのも、ハッシュフラッグを作るには
Twitterが提供する数ある広告サービスの中の
「ブランド絵文字」を利用する必要があるようです。

そして、ブランド絵文字を利用するための広告費ですが
最低でも3000万円を必要とする話もあるようです。

広告費について

費用について様々な記事で取り上げられていますが
Twitter公式の情報ではないため、あくまで推測になります。

広告という位置付けのため、状況に応じて変動する数字だと言えます。

ゆうぼー

とはいえ、ハッシュフラッグを利用するのは有名どころばかり。
一般人が気軽に利用できるものではないことは確かです。

「ハッシュフラッグ」いくつ知ってますか?

ここでハッシュフラッグを簡単にまとめると

広告を打ちたい人(企業)がハッシュタグに

絵文字(ハッシュフラッグ)を加えて

キーワードをアピールする

ということになりますね。

今しかお目にかかれない
期間限定のキーワードたち

実はこのハッシュフラッグ
広告ということもあり、多くが期間限定のもの。

コロナで大変な時期だからこそ#StayHome

2020年を賑わせたゲーム#どうぶつの森  #FF7R(Remake)

もちろんエンタメも#嵐 #BLACKPINK #TWICE

そのため、期間が過ぎるとハッシュフラッグは急に消えてしまいます。
また、過去のつぶやきからもその姿を見ることはできません。

何種類あるか気になる
ハッシュフラッグの見つけ方

期間限定で急に表示・消えるとなると
どれがハッシュフラッグなのか分かりにくい。

色んな絵文字でつぶやいてみたいあなたに
僕なりの見つけ方をシェアします。

  • 「#ハッシュフラッグ」でTwitter検索
  • 流行りの言葉をハッシュタグでつぶやいてみる
  • Hashflagsというまとめサイトもあります

こんな感じです。
その時に話題になっているものは
ハッシュフラッグになりやすい気がします。

ゆうぼー

予想して答え合わせ的に確かめるのも良いかも。
鬼滅の刃とか期待してたんですけどね…笑

おわりに

絵文字つきハッシュタグハッシュフラッグ
についてのお話をしてきました。

SNSについては過去にも色々とお話ししています。
気になった方はこちらからどうぞ。

[SNS断捨離] Twitterのフォローを全て外してみました。 とある意識でただのリツイート(RT)に価値を生み出すには

好きなキーワードに絵文字がついたり
新たなハッシュフラッグを探してみたり
ちょうど良い暇つぶしや何かを知るきっかけになるかもしれません。

この記事を読んでいただいた方にもう一つ伝えるとすれば

「あの絵文字は広告で、話題になりやすいキーワードらしい」
ということ。

意図的に盛り上げたい、流行らせたいというキーワードたちです。
少し意識するだけでトレンドに強くなるかもしれませんね。

ゆうぼー

数ある記事の中から読んでいただきありがとうございます。
よろしければ他の記事も覗いていただけるととても励みになります。