気づけば手にしていたリプロダクト「イームズチェア」


ゆうぼー

自称ミニマリストのゆうぼーです。

「自称」って便利ですね。

ミニマリスト系の本を読んでいると

高価でも心から満足できるモノにお金を使おう!

みたいな考えを授けられてしまいます。

そこに正しさを求めるのは違う気がしますね。

安価でもいいモノ

高価でもそうでもないモノ

今回は前者を見つけてしまったお話です。

ミニマリストがとあるイスを買いました

僕は大学卒業後、いきなりミニマリストに。

経緯が気になる方はこちらから

ミニマリストになった話。前編

そのため、今の家はとてもシンプル(のつもり)。

ただ、大学時代は秘密基地のような家に住んでいました。

( 物は言いようでただただ物だらけ。)

秘密基地にあったイスは今の家に合わず断捨離。

今の家に合うイスを探した結果たどり着いたのが

「イームズチェア」でした。

見たことある方はいるかもしれませんね。

ただ、詳しく知っている方は少ないでしょう。

購入後、僕はすぐにこのイスの虜になりました。

そんな魅力溢れる「イームズチェア」

お伝えしていくことにします。

僕が購入した「イームズチェア」

語りたくなる「ストーリー性」

まず魅力に感じたのは彼(チェア)が持つ

「ストーリー性」

彼はとあるアメリカの夫妻によって

この世に生を受けることに。

20世紀のインダストリアル(工業)デザインに大きな影響を与えた

チャールズ・イームズ」「レイ・イームズ」夫妻。

モダンデザインを生み出したパイオニアと称されています。

チャールズにはとあるエピソードが…

奨学金を受け、セントルイス・ワシントン大学建築学科へ通った。

彼は、研究課題として建築家の

フランク・ロイド・ライトを取り上げることを教授らに提案。

近代建築に過度に熱をあげ過ぎたため退学となってしまう。

その理由としてとある教授は

「彼の物の見方はモダンすぎる」

というコメントをレポートに残している。

Wikipedia “チャールズ・イームズ” より

退学するほどの熱量とは。

どれほどの感性があればもらえるコメントなのか。

クリエイターとはまさにこのこと。

ゆうぼー

こんな人によって生み出されたイスです。

このストーリーだけで欲しくなります。

驚きのデザイン・驚きのコスパ

「イームズチェア」が持つ

「ストーリー性」をご紹介してきました。

が、驚くのはこれだけではありません。

まずはデザインから順番に。

何とないシンプルなイス。

足があって座面と背もたれがひと続きに。

ただ、言葉で表現しづらい存在感があります。

そしてこの無駄のないフォルム

「主張のない主張」

「モダンでありクラシックでもある」

ゆうぼー

僕にとってこの矛盾は訳が分かりません。

とりあえずそんな感じです。

次の驚きは「コストパフォーマンス」

このイスにかけた金額はなんと

「3,300円」

「3,300円」

他のイス達は一桁消したほうが良いんじゃないかな。

飲み会1回我慢するだけでモダンなデザインが手に入る。

ここまで話しておいて申し訳ないですが

自分でも怪しいなと思います。

「イームズチェア」の安価なワケ

先ほど誇張したばかりの

「3,300円」

大きな影響を与えたデザイナーが生み出した

プロダクトに与えられる価値ではないことは

ここまで読めばお分かりかと思います。

ゆうぼー

実はこれ、タネも仕掛けもあります。

聞こえは悪くなりますが

分かりやすく言うと「大量生産」

手頃な価格にはそれなりの理由があります。

「偽物」

「パチモン」

そう思った方はちょっと待って。

なぜなら「リプロダクト」だから。

見つけてほしい「リプロダクト」

リプロダクトとは何か

著作権・意匠権が切れたことで

様々なメーカーが生産できるようになる。

製造コストを抑えられることで

「可能な限り本物のクオリティーに近い状態」

で提供できる商品。

言い換えると「生みの親へのリスペクト」

それがリプロダクトです。

またの名を「ジェネリックプロダクト」

ジェネリック医薬品って聞いたことありませんか?

あの薬を「偽物」「パチモン」と言う人は少ないはず。

立派な選択肢の一つです。

あなたにも見つけて欲しい

高くていいモノそれは本当に素晴らしいと思います。

ゆうぼー

安くていいモノを探す方がよっぽど難しいのでは?

そんな僕ですら探せた「イームズチェア」

 

個人的に、「リプロダクト」は探しやすい気がします。

僕が購入したのはたまたまイスでしたが

他にも探せば見つかるはずです。

「時代が進み、時間経過とともに増えていく」

リプロダクトはそういうモノだと思います。

あなたにもぜひ見つけて、手にとってほしいと思います。

ゆうぼー

僕の知らない「リプロダクト」

ぜひ、SNSで教えてください。

0