【ブロガー必見】記事の下書きはMarkdownで書くべきワケ


今回はブロガーさん向けの記事です。

ブロガーの「記事を書く」という行為。

中でも欠かせない「下書き」段階。

ブロガーによってスタイルは様々ですよね?

頭で考える方、メモに書き起こす方…

今回は僕の「スタイル」でもある

Markdown(マークダウン)を使った下書き」をご紹介。

効率と質を最大限に引き出すためのアイデアをシェアします。

ブロガーは色々な事に気をとられている

ぜひ、自分に問いかけてください。

記事を考える時、内容にどれだけステータスを振れているのか

僕は「おそらく50%も振れていない」かなと。

気づけば記事の中身よりも

  • 文字のフォント・色・装飾
  • イイ感じのフリー素材
  • 自作のアイキャッチ画像

意識がいっていませんか?

きっとそれらも重要、大事でしょうね。

ただ、「記事を書く」本質ではありません。

記事を書く準備段階」=「下書き段階」では

何を一番伝えたい。

どう伝えたいのか。

そこにステータスを可能な限り全振りする必要があります。

Markdown」で雑念を排除して記事の質を上げてみませんか?

Markdown(マークダウン)とは?

Markdown(マークダウン)は、文章の書き方です。

デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

  • 手軽に文章構造を明示できること
  • 簡単で、覚えやすいこと
  • 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
  • それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること

などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され

最初は Daring Fireball: Markdown で公開されました。

その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。(日本語Markdownユーザー会より)

いきなり引用してしまいました。

結論、Markdownとはそういうものです。

装飾は最低限にかつ、まとまりのある文章を効率よく簡単に書くための方法

画像ファイルには .jpeg .pdf .pngなどの拡張子がありますが

Markdownで書かれたファイルは .md という拡張子がついていますね。

Markdown(マークダウン)記法

Markdownとは

装飾は最低限にかつ、まとめりのある文章を効率よく簡単に書くための方法

と言いました。

これを実現するため、Markdown記法という

文章を書くためのルール」があります。

ここでは代表的な例をいくつか挙げます

  • 段落は空行で、一行開ける
  • 強調したい部分を ** で囲む
  • 箇条書きは行頭に -
  • リンクは [] でリンクしたい文字を囲って、その直後の () の中にURLを書く

他にも様々なルール(記法)が用意されています。

最初は慣れないかもしれませんが、慣れたらもう離れられないかも。

愛用しているMarkdown向けエディタ

Markdownを書く際は「エディタ」を使いましょう。

「エディタ」はテキストファイル等を編集する際に使うツール

エディタにも様々な種類・特徴・機能があります。

Markdown専用もあれば、様々なファイルに対応したものもあります。

細かく説明はしません。

(気になる方は調べてみてください)

ここでは、僕がオススメするエディタを一つだけご紹介。

エディタに馴染みのない方はこれを使えば間違いないかと。

そのエディタは「Visual Studio Code(VSCode)

Microsoft社が提供している無料のテキストエディタです。

  • 無料
  • 動作が軽快で快適
  • 用途に合わせたカスタマイズ(拡張機能)が可能

などの特徴があります。(ざっくり)

エディタを使って記事の下書きを書く

では、実際にVSCodeを使って

Markdownで下書きを書いてみましょう。

まずはセットアップから。

VSCodeをインストール・起動する

コチラからお使いのPCに合ったものをインストールしましょう。

つまづいたら調べて解決してみてください。

Markdown用のパッケージ(拡張機能)を追加する

Macをお使いの場合(Windowsの方ゴメンナサイ)

Shift + Command + Xで拡張機能用のサイドメニューが開きます。

そこの検索欄から以下のパッケージを調べて「Install」押してください。

これであなたのエディタがMarkdown仕様になりました。

Markdown用ファイル(.md)を作成する

下書き用紙となるMarkdownファイルを作成してみましょう。

VSCodeを開いている状態でCommand + Nを押します。

すると、Untitled-1というタブが上部に表示されます。

これで用紙ができました、メモ帳のように入力できますよね?

が、その前にもう一つだけ大事な準備をします。

このファイルはMarkdownで書くよ」と設定しましょう。

右下の「プレーンテキスト」をクリック。

「言語モードの選択」の部分に「Markdown」と入力しEnter

これでMarkdown記法を読み取ってくれます。

時は満ちた。書き始めよう。

「あとはお好きに書いてみて」と言いたいところ。

が、もう少し説明します。

以下の文章を入力しましょう。

Markdown記法のキホンのセットです。

コピペは敵。自分の手で書いてください。

このくらい書けないようではブロガー失格

書けましたね?

ではその文章をプレビューしてみましょう。

F1キーを押すと上部に入力欄が出てきます。

「> Open Preview」と入力し、Enter

プレビューという新しいタブと共にMarkdownが整形されます。

シンプルで美しい、そう思いませんか?

プレビューのタブを右端にドラッグしましょう。

あなたの書く文章がリアルタイムでプレビューされます。

ここまでお付き合いしていただいた方はどう感じているでしょう。

面倒くさいと思いますか?

効率的だと思いますか?

僕は後者だったので皆さんにお伝えしています。

大事なのは内容に時間を使うこと

ぜひ、自分に問いかけてください。

記事を考える時、内容にどれだけステータスを振れているのか

Markdown、エディタなんて無理に使わなくていいんです。

あくまで道具・手段でしかありません。

この記事を読んだあなたが

自分の記事を書く際に内容以外に気を取られ過ぎないよう

伝えたい事に集中できるきっかけになればと思います。

0